MENU

営業で独立を考えている方必見!失敗しないためのコツと必ず行うべき対策

「営業職として独立して、さらに上を目指していきたい」「独立して個人のセールスマンとして挑戦してみたい」など、営業のキャリアとして独立を考えている営業マンは多いことでしょう。

しかし、営業に限らず、今の職場から独立して自分で道を開いていくことは不安が多く、なかなか行動できない人も多いのではないでしょうか。

今回は、営業職の独立において必要なことや失敗しないためのポイント、持っておくと有利な資格などを紹介します。営業マンとして独立を考えている方や、もっと自分の力を試してみたいと思う方はぜひご覧ください。

目次

営業における独立とは?

フリーランスや自営業の独立というと、自分が持っている商品やスキルを売ることだと多くの方が捉えていますが、営業における独立はやや意味が異なります。

営業における独立とは、基本的に他人が持っている「商材」を代行して営業し、売っていくことをいいます。

そのため、会社員として営業職に就いている場合は自社の商品を使って営業しますが、独立した場合、まずは商材を入手することから始めなければなりません。

営業職から独立する人は多い?

社会全体で副業が認められるようになってきたり、フリーランスという働き方が注目されたりしている昨今において、フリーの営業マンも活躍しやすくなっています。

営業とひと口に言っても、今までのような飛び込み営業だけでなく、新規顧客を獲得するためにさまざまな営業の手法を用いた営業手法の多様化が進む現在において、営業職の需要は今も増加傾向にあります。

また、独立した営業マン向けに「フリーランスの営業マン」と「代行営業を希望する企業」をつなぐクラウドソーシングサイトもあるため、副業やフリーランスの営業マンとして働きやすい時代ともいえるでしょう。

営業で独立した際のキャリアプラン

営業職から独立した際の主なキャリアプランとして、以下の2つについて紹介します。

  • 完全にフリーランスとして独立
  • 自社から業務委託を受ける

前者の「完全にフリーランスとして独立」で行うのは、もともと営業職として属していた会社を離れ、営業経験を活かしたクライアントの営業代行です。独立する前に身につけた営業スキルやマーケティングスキルなどを活かし、独立するパターンが多いでしょう。

また、後者の「自社から業務委託を受ける」とは、勤務していた会社の正社員ではなく、個人事業主として自社から業務委託案件を受ける方法のことをいいます。企業によっては業務委託契約による独立を勧めていることもあるため、キャリアプランの一つとして考えてみると良いでしょう。

フリーランス営業マンの年収

会社勤めの営業マンの平均年収は440万円ほどだと言われていますが、フリーランスの営業マンの場合は自分の営業成績によって上限なく上を目指していけるため、その人によって年収が大きく変動します。

報酬には固定報酬と成果報酬の2パターンがあり、以下の通りです。

  • 固定報酬:成果に関係なく決められた報酬が支払われる
  • 成果報酬:営業が成功したら報酬が支払われる

一般的に、成果報酬のほうが単価が大きい反面、成果が出ないと収入が入らないといった特徴があります。そのため、それぞれの長所・短所を理解しつつ、その都度案件の種類を選択すると良いでしょう。

営業で独立する場合に必要なこと

営業で独立するためには、ただやる気があれば良いのではなく、フリーランスの営業マンとして必要なポイントを押さえておかなければなりません。

営業で独立する場合に必要な3つのポイントを、以下より紹介します。

商材を決める

営業マンとしての独立を決める際、まずはどのような商品について営業活動を行うのか、商材を決めることが必要です。

商材のなかには、テレアポ代行や商談代行、営業コンサルタントなどいくつか種類が存在しますが、経験のあるジャンルから始めることがおすすめです。また、商材は1つではなく複数持つことで、1回の営業で同時に複数の商材を取り扱えるため、効率的に営業活動が行えます。

営業職から独立したばかりは「どの商材を選んで良いか分からない…」と悩んでしまうかもしれませんが、知見のある案件を選んだり自分が本当におすすめしたいと思える案件を選んだりすることで、良いスタートアップが切れるでしょう。

スキルを身につける

営業職は業務成績がそのまま給与に反映する仕事ですが、フリーランスの営業マンとして独立するうえでは、さらに結果が重要視されます。

そのため、営業職からの独立において最も大切なのは「営業スキル」であり、独立するまでに営業経験を積んでおかなければなりません。

営業初心者がフリーランスの営業マンとして独立するのが難しい理由はここであり、会社ではなく個人の営業マンとして評価されるため、より専門的で確実な営業スキルを身につける必要があります。

行動する

企業に属している営業マンでももちろん大切な要素ですが、営業で独立して収入を得ていくためには、自らの考えを実現させる行動力が求められます。

企業のブランドを掲げて営業を行っていたときは契約が取れていたトップ営業マンでも、独立してからは自分自身をブランドに営業活動を行うため、成約に繋がらないことも多いでしょう。

しかし、無名の営業マンが相手にしてもらえないことは、独立して間もない頃は仕方がないともいえます。そのため営業職で独立した際には、最適な商材を決め、スキルを身につけることに加えて、目的に向かって進んでいける行動力が欠かせません。

営業で独立後、失敗しないための7つのポイント

ここからは、営業職で独立したあとに失敗しないための7つのポイントについて解説していきます。

会社員時代よりも営業で活躍していったり、フリーランス営業マンとしてさらに上を目指したりするうえで必要なことですので、ぜひチェックしておいてください。

営業経験を積み上げる

営業代行で独立して成功するためには、まずは営業経験を積み上げておくことが欠かせません。

営業経験が少ないと営業の成果が出づらいだけでなく、案件の受注が難しくなってしまうでしょう。商材を持っているクライアントの視点で考えてみると、依頼する営業マンの営業経験の有無は、会社の売上や利益に繋がるほどの大切な要素です。

会社員のうちにできる限り営業経験を積み、社外にも通用する実績やスキルを持っておくことで、独立してからの営業活動を充実させられるでしょう。

会社名がなくなると同時にあなた自身の信頼を一から築き上げる必要があるため、定量的に信頼性のあるデータとして営業経験が大切になることを覚えておいてください。

独立の目的や覚悟を決めておく

続いて、営業職として独立し成功するためには、独立の目的や覚悟を決めておくことも必ず押さえておきたいポイントの一つです。

自分は営業職で独立して何がしたいのか、何を目標とするのかなどをあらかじめ決めておき、常に高いパフォーマンスを発揮できるようにしてみてください。

独立にはたくさんのメリットがありますが、会社という組織のブランドがないため、どうしても最初のうちはきついと感じる人が多いのも事実です。しかし、営業職で独立することの目的や覚悟を持っていると、つまづいた時に軌道修正しやすくなり、結果的に営業マンとして長く活躍していけるでしょう。

開業費用を確認しておく

営業職として独立するうえで、開業費用も確認しておきたいポイントです。

営業そのものは、事務所の固定費を払ったり商品の在庫を抱えたえりする必要がないため、無料で即スタートできます。

しかし、営業代行として独立する際は、個人事業主として開業するのか法人として開業するのかによって、初期費用がかかることもあるでしょう。それぞれで必要な初期費用は以下の通りです。

  • 個人事業主:無料(開業届の提出のみでOK)
  • 法人:100,000円〜300,000円程度

個人事業主の場合は、設立のための手続きが簡単であり、すぐに始められる特徴があります。一方で、法人と比較すると社会的な信用度が低かったり、法人でないと取引してもらえない会社があったりするという部分については注意が必要です。

また、新たに法人を設立する場合は会社登記をするだけでも費用が発生するため、初期費用として用意しておかなければなりません。初期費用がかかる法人ですが、営業代行としてスタートする際の社会的な信用度は高くなります。

それぞれの開業方法のメリット・デメリットを考えつつ、自分に適した方法で開業準備を進めてみて下さい。

ワークライフバランスを保つ

営業代行で独立する際は、会社員時代よりもワークライフバランスを保つこともポイントの一つです。

ワークライフバランスとは、働くことと私生活のバランスが上手く取れた生活のことをいい、日々のコンディションを整えるために欠かせません。

ワークライフバランスを保つためには、「安く仕事を請けすぎない」「休日を決めておく」などいろいろな対処法があるため、なるべくストレスが少なく仕事ができるように工夫してみましょう。

まだ開業して間もないフリーランスは、ワークライフバランスとは言っていられないような踏ん張りどころの状態にあるかもしれません。しかし、営業代行としてある程度のスキルや結果がついてくるようになったら、仕事とプライベートの時間を上手く分けられるようにすることも成功のコツです。

適切な商材を扱う

フリーランスの営業マンが営業職で長く売上を出し続けるためには、扱う商材をしっかりと選別すること大切です。

商材はクラウドソーシングサイトやフリーランス向けのエージェントなどから探せますが、商品の内容や価格だけでなく、売上ノルマの有無やリモートワーク対応、固定報酬のみなどさまざまな種類があります。

そのなかで、自分がおすすめできる商品や営業経験のあるジャンルの商品などを選ぶことで、スタートからつまづかずに営業代行サービスを始められるでしょう。

また、複数の案件を持つようになってきたら案件管理能力も求められるため、一緒に押さえておいてください。

独立前の人脈を大切にする

営業職に関わらず、独立すると会社ではなく自分自身がブランドになるため実績がなく、新たに人脈を作っていくことが難しくなります。

そこで、大切にしてきたいのが独立前の人脈です。会社員時代にコツコツ積み上げた信頼関係を大切にしたり、いきなり独立ではなくまずは副業から始めてみたりすることで、いざ営業代行として独立した時に大きな案件を取りやすくなるでしょう。

また、先ほどお伝えしたように独立の形には「自社から業務委託案件を請ける」方法もあるため、今まで築いてきた人間関係を良好に続けていくための心がけをしてみてください。

とにかく行動する

さいごに、営業代行で独立するうえでは、とにかく行動することがポイントです。

営業に関わらず、フリーで独立することは自由な反面、全ての責任が自分にかかります。独立して失敗してしまう人が多い理由はここにあり、少し結果が出てきた時に怠けてしまい売上が落ちることは少なくありません。

また、企業に属していない分、自分で自分のモチベーション維持や動機づけをしていく必要があります。そこで、目標に向かってどんどん行動していけるタイプの人であれば、営業代行の独立は向いているといえるでしょう。

営業の独立において有利なスキル・資格を紹介

営業代行で独立するうえで、高い営業スキルがあるに越したことはありませんが、そのほかに持っておくと営業に便利だったり信頼度を上げたりする効果のある、スキルや資格について以下にまとめました。

  • 営業士検定
  • 営業力強化検定
  • TOEIC
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • セールスレップ
  • 中小企業診断士
  • 販売士

とはいえ、営業代行は資格がなくても始められます。スキルや資格だけでなく、それ以前の営業活動でどれだけ実績を残せているかも、案件を請ける際に信頼度を高めるための指数となりますので、なるべく独立前に結果を積み上げておくと良いでしょう。

営業職からの独立でよくある質問

さいごに、営業職から独立するのにあたってよくある質問を以下にまとめました。

営業代行を始めるうえで不安なポイントは早めに解消しておき、全力で独立のスタートが切れるようにしていきましょう。

独立は営業妨害になる?

営業代行として独立し、勤めていた会社とはターゲット層が異なる商材を取り扱ったり、前の会社と提携して委託案件を受け持ったりする場合には、営業妨害にはなりません。

しかし、自分で会社を立ち上げ、もともと勤めていた会社の顧客を引き抜くことは「競業避止義務違反」に問われる可能性もあるため、注意が必要です。

競業避止義務とは、「労働者が所属する・していた企業の競合企業に所属したり、自分で組織を設立したりすることを禁止する義務」のことをいい、場合によっては反してしまう可能性もあるため覚えておきましょう。

営業の独立支援制度とは?

フリーランスや副業の営業マンの支援制度として、クラウドソーシングサイトでは紹介先登録システムや会計業務を行ってくれるシステムなどがあります。

会社員時代は営業だけに専念できる環境が整っていたかもしれませんが、独立すると全ての業務を自分で行わなければいけません。

そこで、フリーランス向けエージェントの独立支援サービスを活用することで、独立してからもスムーズに案件を開始できるでしょう。クラウドソーシングサイトはいくつか種類があり、サービス内容もサイトごとに異なるため、事前にチェックしておいたり複数サイトを活用したりしてみてください。

不動産やリフォーム業からの独立が多いって本当?

不動産業界では独立する人が多くなっており、実際に不動産会社は増加傾向にあります。

不動産業界の営業職で独立が多い理由として「他業種よりも開業資金がかからない」「人件費がかからない」「在庫を持たなくてOK」などが挙げられ、低リスクで始められることがポイントです。

また、不動産関連の営業は不動産に関する知識よりも営業力の方が重視されるため、不動産やリフォーム業で高い営業スキルを持っている人は、独立しやすい環境にあるともいえるでしょう。

まとめ:営業職からの独立のコツを押さえてスタートアップを成功させよう!

今回は、営業職からの独立について、独立するうえで必要なことや失敗しないためのポイントについて紹介しました。

営業職に関わらず、独立をして最も大変なことは、仕事とプライベートを含めた自分自身の管理であるといえます。独立は自由である反面、より一層責任感を持って業務に取り組まなければなりません。

今回ご紹介したポイントを押さえておき、営業職からの独立の参考にしてみてください。

公式LINEでは、営業での独立を成功させたい方向けに以下の資料を無料配布しています。

  • 個別相談
  • クライアントの声プレゼント
  • 営業チェックシートプレゼント

営業職から独立してもっと上を目指していきたい、トップセールスのスキルを活かして挑戦してみたいという方はぜひご覧ください。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる