MENU

【新卒必見】営業をやめたいと思うのは甘え?辞めたいと感じる理由や対処法を紹介

営業職に就いた方のなかには「営業を辞めたいけど、甘えなのかな…」「ストレスなく仕事がしたい」など、思っていたよりもきつかったり、辞めたいと思うことも多いでしょう。また、新卒で就いた営業職を辞めたいと思う方も少なくありません。

営業を辞めたいと思っていながらも無理して出勤し、やりたくない仕事をこなすのは大変ですし、何より自分自身がきついですよね。

今回は、営業職をやめようか悩んでいる方向けに、多くの方が営業を辞めたいと思う理由やその対処法などについて紹介します。営業を辞めたいと考えた時、辞めるか辞めないかどちらの選択をするとしても後悔がないように、事前に考え準備すべきことがあります。

営業を辞めたい、やめた後のキャリアに不安があるという方は、ぜひ記事をご覧ください。

目次

営業はやめる人が多い?転職率が高い理由とは?

業界にもよりますが、営業は離職・転職率が高いイメージを持たれがちです。なかには離職率の低い営業職もありますが、今回は営業をやめる理由としてよくあるものを集めました。

ノルマがプレッシャーに感じる

「今月は◯件成約しなければならない」など、ノルマを課せられることが多いのが営業職です。

  • ノルマを達成しないと怒られる
  • 身内や親しい人からでも契約を引っ張ってこないといけない

上記のようにかなり厳しいノルマが設定されている会社もあるため、精神的に疲れてストレスが溜まってしまう営業マンも少なくありません。

営業職のなかにはノルマがなく、その分目標に向けて業務をこなす職種も存在するため、ノルマをプレッシャーに感じる方は転職も一つの手です。

テレアポや飛び込み営業がきつい

電話営業であるテレアポやアポなしの飛び込み営業などがどうしてもきつく、辞めたいと考える方も多いことでしょう。

このような営業をする際、意識すべきは以下の2つのポイントです。

  • 営業はそもそも確率論の世界である
  • 断られても落ち込む必要はない

テレアポや飛び込み営業の成約率はかなり低く、どんなにプロの営業マンでもたくさんの失敗の中から契約を取ってきています。

断られてもあまり気にせず、「断られるのが普通」という気持ちでいると良いでしょう。

スキルや資格を活かせない

営業で必要なスキルは、コミュニケーションスキルやプレゼンスキル、ヒアリングスキル、リサーチスキルなど、目に見えず数値では測れません。そのため、新たに専門的なスキルや資格を取得しても、なかなか活かせないのが営業職の特徴ともいえるでしょう。

また、自分自身の成長がいまいち感じられず、やりがいを感じなくなってしまう方も多くいます。しかし、プライベートでも学ぶ姿勢を忘れないことで、思いがけない分野から仕事に活かせる知識を得られるかもしれません。

自分の営業に自信が持てない

自分が行う営業活動に自信が持てず辞めてしまいたいと思う原因として、以下の要素が挙げられます。

  • 人と話すのが苦手
  • 断られるのが怖い
  • 商品やサービスの魅力・特徴を掴めていない

これらの悩みは、営業の経験を積むとともに解消されることが多いでしょう。

しかし、宣伝する商品やサービスについて自信を持てない場合、そもそも自社商品について理解が浅いこともあり得ます。自社の商品について徹底的に知ることで、新たに見えてくる一面や魅力があるかもしれません。

プライベートがなくなる

サービス業である営業職は、お客さんの都合を優先して商談を進めていくため、業種によってはプライベートを確保しずらいと悩む営業マンも少なくありません。休みの日や勤務時間外でも対応せざるを得ないこともあり、体力的にも精神的にもきつくなって仕事を辞めたくなってしまう方も多いことでしょう。

クライアント業なので仕方がないと言えば仕方がないですが、違法な雇われ方や働き方をさせられている場合は、しっかりと周りの誰かに相談するようにしてください。

大変な割に給料が安い

営業の平均年収は400万円前後と言われており、全体の職種の中では決して低くない金額ですが、「大変な割に給料が安い」という理由から辞めたいと考える営業マンもいるでしょう。

その要因として、長時間労働を求められたり休みを返上してまで仕事をしていたりするのに、給料が見合っていないと感じる方が多いようです。特に、新卒で入社しまだ十分なキャリアを積んでいない場合は、労働時間や大変さに見合った額ではないと感じてしまうかもしれませんね。

女性ならではのキャリアに対する悩み

女性の営業担当者はどうしてもロールモデルが少なく、キャリアアップを目指しづらいことから離職を考える方も多くありません。その背景には、年齢とともに結婚や出産などのライフイベントで職場を離れる女性の営業担当者が多いことも考えられるでしょう。

将来性がないと感じたら転職することも一つの選択肢ですが、自分に合った営業の働き方を見つけたり、社内外問わず女性営業者との関わりを持ったりすることで、解決に繋がるかもしれません。

営業職の中でもやめる人が多い職種は?

ここからは、営業職の中でも離職率が高いとされている職種を3つ紹介します。共通する原因としては、厳しいノルマや、多忙すぎたり長時間の業務などが多くなっています。

生命保険系の営業職

生命保険業界の営業職は離職率が高くなっており、その理由として以下のようなものがあります。

  • ノルマがきつい
  • なかなか契約が取れない
  • 身内や友達の加入を求められるのが嫌
  • 職場の人間関係がギスギスしている
  • 将来性を感じられない

あくまで一例ですが、土日などの休日もアポイントが入るため、とにかく激務であると感じている方は多いでしょう。

また、入社2年目までは固定給だったのに、3年目からは完全歩合制になってしまうなど、安定したキャリアアップを目指せないことから営業職を辞めたいと考えるようです。

不動産系の営業職

営業が大変なイメージも強い不動産業界は、離職率がかなり高いため、辞めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

  • 大量のテレアポがきつい
  • 残業が多くノルマが厳しい
  • 休日返上で休めない
  • 固定給が低い会社もある

上記のような理由から、営業に対するプレッシャーやストレスを感じて辞めてしまう人も多いようです。

とはいえ、全ての不動産に関する営業に共通するとはいえません。例として、賃貸の仲介を行う不動産会社は積極的な営業をせずともお客さんが集まるため、必然的に営業ノルマなどはなくなり、比較的離職率が低い傾向にあります。

飛び込みやテレアポ中心の営業職

そのほかにも、飛び込みやテレアポ中心の営業職は離職率が高くなっています。

アポイントなしで行う飛び込み営業やテレアポを嫌うお客さんは多く、断られる可能性が高くなってしまうことから、苦手意識を持つ営業マンは多いことでしょう。

飛び込み営業やテレアポが多い業界はさまざまなものがありますが、苦手意識を克服するための共通のポイントは「受付突破のスキルを身につける」「断られても落ち込まない」に限ります。経験を積むうちにコツを掴めるようになるでしょうが、どうしても営業を辞めたいと思う場合は他の道を考えてみるのも一つの手です。

営業を辞めたいと思ったら考えるべきこと

続いて、営業を辞めたいと思った時に考えるべきポイントを4つ紹介します。

「今営業職に就いていて、辞めようか迷っている…」という方は、ぜひ参考にしてこれからのキャリアについて考えてみてください。

自分が辞めたいと感じている理由を挙げる

まずは、今自分自身がなぜ営業を辞めたいと思っているのか、理由を考えてみましょう。紙に書き出してみたり、友達や家族に話して頭を整理させてみることが大切です。

ただ漠然と辞めたいと考えるよりも、何がいちばんの原因で辞めたいのかを知ることで、現状から何か良い方向へ進める解決策が見つかったり、次の職場選びの参考になったりもします。根本的に抱えているものはなんなのか、徹底的に自分と向き合ってみましょう。

解決策や現状においてできることを考える

続いて、自分が営業を辞めたいと思う理由について、解決策や現場においてできることを考えましょう。できることなら退職は避けたい方がほとんどだと思いますので、それ以外の方法で悩みを解決するための方法はないかを探してみてください。

なかには、自分自身の問題で解決できたり、ちょっとした工夫で辞めたい気持ちをなくすことができたりすることで悩んでいるのかもしれません。

どうしても辞めたい場合は転職も視野に入れる

悩みの根本が分かり、解決策や現状何ができるかを考えたものの、解決できなそうという場合もあるでしょう。

どうしても営業職を辞めたい場合は、転職も視野に入れることが現状打破に繋がります。とはいえ、無計画にいきなり退職してしまうと収入がストップするだけでなく、焦りから最適な転職先を見つけることができなくなってしまいかねません。

営業職を辞めて転職を考える際には、何を準備しておいたらよいのでしょうか。

営業で培ったスキルが他業種で活かせるか把握しておく

営業を辞めて他業種への転職を考える方は、営業で培ったスキルや営業職ならではのスキルを他業種でも活かせるか把握しておきましょう。

営業スキルは数値化できないものが多いと上述で述べましたが、営業はビジネスにおいて基礎的な部分であり、営業職に就かなかったとしても役立つスキルでもあります。そのため、自分の強みとして他業種でも役立てられるスキルを習得してから転職活動を始めることをおすすめします。

営業職ではなくとも身につけておくべきスキルについては、次の章で確認していきましょう。

営業をやめても他業種で役立つスキルを紹介!

営業を辞めて他業種へ転職する場合でも、営業で身につけたスキルを活かすことができます。

ここでは、営業職に関わらず、仕事をする上で全員が身につけておくべき5つのスキルを紹介します。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、営業職に関わらずお客さんと対面する接客業には欠かせないスキルの一つです。

ただ目の前の相手と仲良くなるだけでなく、相手の話も聞きつつ信頼関係を築いたり、誠実な気持ちで接したりなど、相手を大切にしながらコミュニケーションを取ることがポイントです。どんな職種であっても、お客さんの気持ちを無視した接客は好まれません。

また、相手からのイメージを良くすることにくわえ、簡潔で理解しやすい正確な説明ができるコミュニケーション能力も、社会人として求められるスキルだといえます。

ヒアリングスキル

相手とテンポ良く話を進め関係値を築くためには、上述のように積極的なコミュニケーションを図ることも大切です。しかし、お客さんを相手にする職業において、さらに重要なのがヒアリングスキルです。

ヒアリングスキルとは傾聴力のことで、自分がただ話すだけでなく相手の話を聞き、悩みに寄り添ったり潜在的に抱える気持ちを理解したりするスキルが求められます。

スキルアップのコツとしては、ヒアリングシートの作成や心理学テクニックの活用から、回数をこなし改善を重ねていくことがおすすめです。

リサーチスキル

リサーチスキルは、主に経営戦略や顧客情報からニーズを考える際に必要となります。

営業経験者ならご存知でしょうが、商談前にはお客さんやその会社、業界などについて徹底的に調べ上げる必要があります。そのリサーチスキルは営業職以外でも役立てられるため、身につけておいて損はありません。

例として、コンサルやマーケティング、販売など、ターゲットとなるお客さんがいる全てのビジネスで必要であり、今後一生使えるスキルといえます。リサーチをする際には、目的や課題をしっかり把握した上で、効率よく調べ上げることを意識してみると良いでしょう。

課題発見力

営業マンに必須とも言われる課題発見力ですが、実は他業種においても役に立つスキルの一つです。

課題発見力とは、「今置かれている状況を分析し、目的や課題、改善点などを見出す力」のことをいい、営業職に関わらず仕事効率化やキャリアアップにおいて欠かせません。

課題発見力を身につけるためには、ターゲットの情報やヒアリングの内容などから、論理的に整理し解決策を提示する意識をしてみると良いでしょう。また、ゼロベース思考を持ち、現状における最善策を探すことも課題発見力の向上へと繋がります。

顧客目線の謙虚な姿勢

営業マンは常に腰を低くし、お客さんを第一に考えて業務を行いますが、営業職に限らずともその姿勢を忘れてはいけません。ただ謙虚で低姿勢なのではなく、上述のようなスキルも活用してお客さんの気持ちに寄り添い、先を読んだ気遣いや丁寧な対応を心がけることで信頼関係が生まれます。

また、謙虚な気持ちでお客さんの話に耳を傾けることで、自然と良い印象を持たれたり、今後のよい顧客関係に繋がりやすくなります。難しいスキルだけでなく、社会人としての基本である謙虚な姿勢も忘れずに転職活動を進めることがポイントです。

営業を辞めたい人によくある質問

ここまで記事を読み、営業を辞めたいけどまだ踏み切れない…自分の気持ちが分からない…という方に向けて、営業を辞めたいと考える人によくある疑問について紹介します。

該当する不安がある方は、ぜひ確認して次のステップへと進めるように考えてみてください。

新卒や2年目で辞めても問題ない?

新卒や2年目でも営業を辞める人は多く、そもそも営業は離職率の高い職種のため数年以内に辞めるパターンも少なくありません。

また、ノルマや働き方、人間関係が辛くて新卒であっても辞めたいと考えることがあるでしょう。そのため、営業はプレッシャーに弱い人は向いていないとも言えます。

営業に限らず、自分の向き不向きを分析しながら転職活動に進むことも一つの解決策です。

営業を辞めたいと思うのは甘えなの?

特に新卒で入った方によくある悩みですが、「営業を辞めたい=甘え」とは限りません。

どうしてもコミュニケーションが苦手だったり、ノルマを達成しなければならないプレッシャーに耐えられなかったりと、上述のように営業職にも向き不向きがあります。どうしても辞めたいと感じたら、無理して働き続ける必要はないでしょう。

とはいえ、営業を辞めても営業スキルは社会人として大切なスキルにも繋がっていますので、転職を考えるとしても、最低限のスキルは身につけておくと転職活動がしやすくなります。

営業をやめても転職できる?

結論から言うと、可能です。また、他業界や他業種でも使えるスキルを身につけてより転職を成功させやすくなるでしょう。

転職を考える営業マンが最低限身につけておくべきスキルは以下です。

  • コミュニケーションスキル
  • ヒアリングスキル
  • リサーチスキル
  • 課題発見力
  • 顧客目線の謙虚な姿勢

上記のようなスキルは、社会人としてどこの職場に行っても求められるスキルであるため、ぜひ習得してみてください。

まとめ:営業を辞めたい人は辞めてもOK。営業スキルを活かして活躍の場を見つけよう

今回は、営業職を辞めたい方に向けて、よくある理由や辞めたいと思った時に考えるべきこと、そして営業を辞めても身につけておくべき5つのスキルについて紹介しました。

営業を辞めるのは甘えとは限りませんし、辞めたいのに無理して仕事を続ける必要もありません。

しかし、転職を考えたときに営業スキルは役立てられるため、ぜひ習得してスキルを活かし、キャリアアップを目指していってください。

公式LINEでは、営業スキルについて以下の無料プレゼントを配布しています。

  • 個別相談
  • クライアントの声プレゼント
  • 営業チェックシートプレゼント

営業を辞めたいと思っている方でも、営業スキルを活かして転職を成功させたい方はぜひご覧ください。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる