MENU

営業だけは死んでもやりたくない人が知るべきたった1つのポイント

「営業をどうしてもやりたくない」「営業以外で仕事を見つけたい」という悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。

営業をやりたくない理由は人それぞれあるとはいえ、営業に苦手意識を抱えたまま営業職についた場合、つらいだけでなくストレスの原因となってしまいかねません。

しかし、ビジネスの基本とも呼ばれる営業力は、営業職に限らず他業種においても、ビジネスシーンで役立つスキルです。本記事では、営業職に就く・就かないに関わらず、いち社会人として身につけておくと良いスキルについても紹介します。

営業をどうしてもやりたくない方、営業職以外で活躍するためのポイントが知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください。

目次

営業の仕事内容

「営業」というと、お客さんに押しかけてセールストークをしなければならないイメージを持つ方は多いことでしょう。しかし、実際にお客さんと対面する営業活動のほかにも、様々な業務があります。

まずは、営業の仕事内容について紹介します。

営業戦略の決定

まずは、営業戦略を決定します。営業戦略がなく行き当たりばったりな営業をしていても、お客さんが商品に興味を持たないだけでなく、会社の売上には繋がりません。

戦略を立てることで、もし営業活動がうまくいかなかったら戦略の改善を行えるため、PDCAサイクルも効率よく回していけるでしょう。

営業する市場や売上目標、組織全体と個人それぞれの目標などの達成に向けて、明確な戦略を立てることがポイントです。

ターゲットの選定

続いて行うのは、商品やサービスを販売していくターゲットの決定です。そして、営業先ごとにどのような戦略で営業活動を行っていくのか、どのようなニーズがあるのかなどを検討し、より具体的な営業戦略を練っていきます。

購入可能性の高さや契約の規模などからリストを整理し、優先して営業を行っていくべき営業先を選定することも仕事の一つです。

営業活動・セールス

営業戦略を決定し、ターゲットの選定ができたら、営業マンのメインの仕事である営業活動を行います。

営業活動で必要なのはコミュニケーション力や営業スキルだけではありません。商品やサービスに関する専門的な知識や、お客さんを事前にリサーチした情報などから、最適な提案をする必要があります。

営業活動には訪問やテレアポ、DM、メールなどさまざまな種類がありますが、共通して「自分が話すのではなく、お客さんの話を引き出すこと」が成功のカギとなります。

商品の受注・手配

次は、営業で成約が取れたお客さんに商品やサービスを届けるために、受注・手配の業務を行います。

どれだけ速く納品できるかがポイントであり、お客さんが購入した瞬間の熱が冷めないうちに出荷まで連携を取って手配することが欠かせません。

ミスのないように正確な納品をすることに加え、他の部署が関連している場合はスムーズなコミュニケーションが必要です。

商品の納品・請求

商品やサービスが手配できたら、お客さんのもとへ納品します。そして、きちんと納品されたかどうかを確認し、請求書を発行して会計業務に移ります。

商品をお客さんに受け渡し、きちんと入金されるまでが一連の取引ですので、納品・請求も重要な仕事です。さらに顧客満足度を高めるためは、自らお客さんの元へ商品を届けたり、きちんと顔を見せてお礼を伝えたりすることが効果的でしょう。

顧客のアフターフォロー

商品を納品し代金を受け取ったら、最後にお客さんのアフターフォローを徹底して行います。

営業マンは新規顧客の獲得だけでなく、リピート顧客の増加や、既存顧客に向けた関連商品の販売も仕事に含まれます。

アフターフォローの具体的な内容としては、商品やサービスで困ったことやトラブルの対処をしてあげることです。売上に直接的には繋がらない部分ですが、アフターフォローを徹底することで長期的に愛される商品・サービスが提供できるでしょう。

営業をやりたくないと思う理由

営業をやりたくないと思うのは、なぜでしょうか。営業をやりたくない理由として、多くの方が悩んでいる3つのポイントを挙げてみました。

ノルマに追われるのがつらい

営業にはノルマが必ずついて回り「今月5件成約」「営業電話1000本」など、会社によっては達成が難しいノルマを課せられる場合もあるようです。

ノルマを達成しなければならないプレッシャーで疲弊してしまうのはもちろん、達成できないと上司から怒られたり、達成しない限り働かされるといった経験をした営業マンも多いはず。

ノルマの達成率は、営業マンにとって切っても切り離せない課題といえるでしょう。

コミュニケーションが苦手

人と接するのが好きではない方やコミュニケーションが苦手は方は、営業をやりたくないと感じることが多いのではないでしょうか。

しかし、営業職に必要なのはコミュニケーション能力だけではありません。もちろんお客さんとの関係を深めるために大切ですが、それ以上に「営業マンが信頼できる人間か」「誠実な対応をしているか」が重要になってきます。

人付き合いが苦手な人でも、営業職で活躍するチャンスはたくさんあります。

人間関係で悩みを抱えている

営業は、社内外問わず人との関わりを避けて通れません。それにともなって人間関係を構築していくスキルが必要になるため、人間関係に悩みを抱えている方は、営業職はやりたくないと感じてしまうことでしょう。

構築した人間関係が、そのまま仕事の成績に影響するのが営業職です。良好な人間関係を築いていくためには、お客さん側の気持ちを考え、悩みに寄り添うことで関係性を高めやすくなります。

営業の魅力とは?やりがいはある?

営業をやりたくないと思う方がいる一方で、営業職ならではの魅力も存在します。お客さんを直接相手にする忙しく大変な仕事である分、営業が成功した時の達成感は大きいものです。

今回は、営業の魅力ややりがいについて、5つの項目に絞って紹介します。

お客さんに直接感謝される

まずは、お客さんに直接感謝してもらえることが挙げられます。

営業職は最前線でお客さんと接し、会社とお客さんを繋ぐ架け橋役となって契約に繋げるのが仕事です。

誠実さと責任感を持った顧客対応が求められますが、営業のパフォーマンス次第で全体の売上や顧客との関係性を高められるため、やりがいを感じている方も多いようです。営業担当者がこの人でよかった、と思ってもらうことは、営業職ならではの魅力と言えるでしょう。

コミュニケーション能力が身に付く

続いての魅力は、営業活動を通してコミュニケーション能力が身につくことです。話す力だけでなく、お客さんの話を聞くことが欠かせない営業では、コミュニケーション能力が必要になります。

とはいえ、営業職の人はみんなコミュニケーション能力が高いと思われがちですが、実は人見知りだったという営業マンも少なくありません。

営業を行っていくうちに、成功体験や課題の発見からコミュニケーションに自信が持てるようになったり、細かい部分への気配りができるようになることでしょう。

自分の成長が可視化できる

営業職では自分の成長が可視化できるため、日々数字や成果が伸びていくことにやりがいを感じる方も多いようです。他の業種だと、自分が会社の役に立てているのか、自分の仕事の目的についてしっかりと把握していない方も多いのではないでしょうか。

しかし、営業は成約数や売上など、目で見て分かる数字の世界です。だからこそ、自分の成長も正確に把握することができます。

自分の成長が可視化できることでモチベーションにつながったり、さらに最適な提案をするための課題が見えてくるでしょう。

インセンティブ制でモチベーションが高まる

インセンティブ制とは社員のモチベーションを上げるための会社のシステムであり、目標を達成すると給料の支給額が増えるシステムや、会社からのさまざまなサービスが受けられるシステムが存在します。

インセンティブの内容は会社によって異なりますが、主に「金銭的な手当」や「評価や表彰、ランク制度」などが挙げられるでしょう。

営業職にはインセンティブ制度が設けられていることが多く、そこにやりがいや楽しさを見出す人もいます。

会社の売上へ直接貢献していることを感じられる

いちばん始めの「お客さんに直接感謝されること」にくわえ、会社の売上に直接貢献していることを感じられるというのも、営業の魅力のひとつ。

お客さんが契約を交わす際、対応は営業マンが行いますよね。そして注文内容をもとに商品が通る導線も明確であるため、自分が売り上げた商品によって会社の売上が変わり直接貢献していることが目で見て分かることも、やりがいを感じられる一つの要因といえるでしょう。

営業をやりたくない人が知るべきたった1つのポイント

営業がいくらやりがいを感じる仕事であっても、やりたくないと思う方は多いことでしょう。

今営業職の方も、転職を検討している方も、無理に営業の仕事をする必要はありません。

とはいえ、営業をやりたくない方でも必ず知っておくべきポイントがあるため、簡潔にお話ししていきます。

ビジネスの基本は「営業」

商品を販売するための営業戦略から、ターゲット選定、セールス、受注・納品、アフターフォローの全てに携わる営業職は、ビジネスの基本とも言われています。

さらに、直接お客さんとのやりとりを行うため、正しいビジネスマナーも身に付くでしょう。

ビジネスにおける重要なポイントがたくさん詰まっている営業力は、営業職につく・つかないに関わらず身につけておきたいスキルの一つです。

営業力は他業種でも活かせる

「自分は営業職ではないから、営業スキルは必要ない」と捉えがちですが、上述のように営業はビジネスの基本です。

具体的な戦略立てやヒアリング力、リサーチ力、コミュニケーション力など営業で経験した一連の流れは他業種でも活かせるため、営業職でなくとも営業に関連するスキルは持っておくと良いでしょう。営業スキルは資格や試験など目に見える形で身につけるスキルではないものの、そのスキルの汎用性は馬鹿にできません。

あとで詳しくご紹介しますが、営業をやりたくない人でも身につけておくべきスキルとして以下の5つが挙げられます。

  • コミュニケーションスキル
  • ヒアリングスキル
  • リサーチスキル
  • 課題発見力
  • 顧客目線の謙虚な姿勢

ぜひ、社会人として重要となる営業スキルを習得してみてください。

それでも営業をやりたくない方の解決策とは?

営業はやりがいや魅力のある仕事だし、営業スキルはどの職種においても役立つといっても、どうしても営業をやりたくないと思ったり自分には向いていないと判断する方もいるでしょう。

先ほど「営業スキルはビジネスの基本」と言いましたが、決して無理して営業職で営業経験を積まなければいけないわけではありません。ただし、営業に関する勉強をしておくと、新たな職業にいっても結果を残しやすくなるでしょう。

また、営業をどうしてもやりたくない方は、自分がやりたいと思う仕事・向いてそうだと思う仕事に挑戦してみてもいいかもしれません。営業を支えるオフィス関連の仕事や、全く違う業種の仕事など、たくさんの選択肢の中から自分に合ったものを探してみてください。

営業をやりたくない人でも身につけておくべき5つのスキル

ここからは、先ほどご紹介した営業をやりたくない人でも身につけておくべき5つのスキルについて紹介します。

どれも専門的な知識が必要なものではなく、日頃の意識づけで変えられるものばかりですので、ぜひ一つでも多く習得できるようにしてみてください。

コミュニケーションスキル

まずは、営業に関わらず生きていく上で欠かせないコミュニケーションスキルが挙げられます。

コミュニケーションというと人と話すことが得意であったり、打ち解けるのが早かったりする特徴をイメージするかもしれません。しかし、仕事におけるコミュニケーションはそれだけではなく、相手の話を聞く力や論理的に簡潔に話す力などが求められます。

どんな分野の職業でも必要であり、重宝されるスキルですので、ぜひ意識してみましょう。

ヒアリングスキル

営業では、ただ商品やサービスのスペックを説明しても成約には繋がりません。それと同様に、相手の話を聞かずに自分の話ばかりする人は嫌われてしまいますよね。

ヒアリングスキルとは相手の話を引き出すスキルのことをいい、営業職ではもちろん、クライアントを相手にする全ての職業で役立ちます。また、ヒアリングがしっかりできることで相手が潜在的に抱える悩みを見つけ出し、求められているニーズに正確に答えられるようになるでしょう。

ヒアリングスキルを高めるためには、相手の話をしっかり聞いて信頼を得るだけでなく、適材適所で質問を切り込んだりすることが大切です。

リサーチスキル

リサーチスキルと聞くと、普通の調べ物を想像するかもしれません。ビジネスにおけるリサーチスキルとは、最適な提案をして成約に繋げるために市場や競合の現状、課題点などについて幅広く調べ、より正確な答えを出していくことを言います。

求められている情報をリサーチして整理し、必要な情報を正確に伝えるスキルはどの職業でも大切な要素です。

また、リサーチした情報をまとめる際に要約力や情報の取捨選択能力など色々なスキルが身につくため、リサーチ能力を高めることはビジネスシーンで一歩成長するためのポイントであるとも言えます。

課題発見力

営業では大量に営業をかけ、その営業データの中から分析して課題を発見し改善点を見出していく必要がありますが、このPDCAサイクルは他の業種でも意識すべきポイントです。その際、自社にとっての課題や自分の課題を見つけられる人は成長につながりやすくなり、結果的にどの職種でも早く成長できるでしょう。

また、相手の話の中から潜在的な課題や欲求を見つけることも課題発見力の一つです。課題発見能力は、主にクライアントワークで役立ちます。相手とのヒアリングの中からポイントを拾い出し、課題を発見して解決するための提案をすることで、商品やサービスを購入するきっかけとなるでしょう。

顧客目線の謙虚な姿勢

最後に、営業をやりたくない人でも身につけておくべきスキルとして、ビジネスマンとしての謙虚な姿勢が挙げられます。

お客さんに対して丁寧なコミュニケーションを取るのはもちろんのこと、物事をお客さんの目線で見て思考することはどの職種においても求められるスキルですよね。上述で紹介した項目も、最終的にはお客さん目線で考えることに繋がっています。

専門的なスキルや群を引くような実績も役に立ちますが、このような誰でもできることを徹底することも、営業に関わらずビジネスにおいて重要なポイントの一つです。

まとめ:ビジネスの基本は営業。営業をやりたくない人は他で活かせるスキルを身につけよう

今回は、営業をやりたくない方に向けて営業職の紹介と身につけておきたいスキルについて解説しました。

営業職はやりがいを感じる一方で、人によってはストレスを多く感じたり、やりたくないと思う方も多い職種です。とはいえ、記事内で述べたように、どんな職種においても「ビジネスの基本は営業」です。

業種を問わず、営業スキルを持っていることで活躍の幅が広げられるでしょう。

今後のキャリアアップに向けて、ビジネスの基本となる営業スキルをぜひ身につけてみてください!

公式LINEでは、業種問わず活躍できる「営業スキル」について、コツをお話ししています。さらに、以下の特典を無料配布しています。

  • 個別相談
  • クライアントの声プレゼント
  • 営業チェックシートプレゼント

「営業スキルを身につけてみたい」と、少しでも気になった方はぜひご覧ください。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる